小児科とは


小児科では、主に乳幼児から中学生くらいまでのお子さんを対象に内科全般を幅広く診療します。
当診療科では、発熱、鼻づまり・鼻水、せき、喉の痛み、腹痛、便秘、嘔吐、下痢、夜尿症(おねしょ)、ひきつけ(痙攣)などの症状で来院されることが多いですが、小児特有の病気につきましても診察・検査・治療を行います。
このほか、原因はよくわからないが体調が悪そう、いつもと様子が番うという場合も一度ご受診ください。

また幼児期くらいまでのお子さんは、自分の言葉で体調の悪さや症状を言葉で表現するのは非常に難しいです。
診察の際は注意深く観察するなどして、お子さんに現状みられている症状を確認していきますが、そのほかにも保護者の方にいつもとどのように様子が異なるか、いつから体調不良なのかといったこともお聞きするなどして、ご協力いただくなどして、総合的に診療していきます。

小児科でよくみられる症状

●発熱
●喉の痛み
●お腹が痛い
●湿疹(ブツブツ)
●泣き方がいつもと違う
●食欲が無い

●鼻水、鼻づまり
●ぜーぜーする
●おう吐、下痢
●肌のカサつき
●何となく元気が無い
●おねしょ(夜尿症)

●せき、淡
●ひきつけ(痙攣)
●便秘
●機嫌が悪い
●顔色が悪い
など

小児科で扱う代表的な疾患

風邪症候群

突発性発疹

インフルエンザ

急性中耳炎

ヘルパンギーナ

咽頭結膜熱(プール熱)
花粉症(アレルギー性鼻炎)
あせも

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

扁桃炎

水痘(水ぼうそう)

麻疹(はしか)

風疹

手足口病
おむつかぶれ
細気管支炎

溶連菌感染症

りんご病(伝染性紅斑)

水いぼ(伝染性軟属腫)

●とびひ(伝染性膿痂疹)

ウイルス性胃腸炎

アトピー性皮膚炎
気管支ぜんそく
肺炎 など

任意予防接種

                 

●おたふくかぜ
●インフルエンザ
●4価髄膜炎菌
破傷風トキソイド

重大な感染症が疑われる際の受診方法

小児が罹患しやすい病気には、はしか、おたふくかぜ、水ぼうそうといったものがありますが、これらは重大な感染症です。

保護者の方から見て、明らかにこれらの病気が疑われるという場合は、来院前に一度お電話等でご連絡ください。

連絡を受けた受付スタッフが受診方法などを説明しますので、ご来院の際は、その指示に従うようにしてください。

診療時間・交通アクセス

■所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目5−18 藤小西ビル 8階

■電話番号
03-6263-8913 

■診療時間

月~金 午前 10:00~14:00、午後 15:00~21:00

土日祝 午前 10:00~14:00、午後 15:00~19:00 

■最寄り駅
 銀座駅 B5出口より徒歩1分以内

受付時間
10:00~14:00
15:00~21:00

土曜、日曜、祝日午後は15:00~19:00まで